薬膳の資格取得について

基礎から薬膳のプロフェッショナルまで

基礎からしっかりと学ぶことでご自身や大切な人の体調管理、健康を守るために役立つ知識が身につき、目的・状況に合わせたオリジナルの薬膳レシピを作ることができるようになるので、本気で薬膳を学びたい方、仕事に活かしていきたい方におすすめのクラスです。

薬膳サロンポミエは日本中医食養学会の登録機関のため資格取得コースを受講することで、薬膳のプロフェッショナルとして認められる資格をめざすことができます。
日本中医食養学会は日本中医学院(旧国立北京中医薬大学日本校)を母体に発足し設立25年の薬膳の歴史を有する団体です。

 

6月開講『薬膳初級講座』


薬膳の食養生を実践するためには中医学の理論をしっかり理解することが大切です。
「薬膳初級講座」では日本中医食養学会のテキストを使用するので広島にいながら、中医学と薬膳の基礎的な理論が身につき、季節の薬膳レシピを考案できるまでになります。
本講座を修了すると『薬膳アドバイザー』『中医薬膳指導員』の受験資格を得られ、認定試験に合格すると資格を取得することができます。

曜日 時間 学習 調理
9:30~13:30 12回 2回
9:30~16:30 8回 2回

●木曜クラス・土曜クラスは広島市西区井口にある会場になります。

土曜クラス:6月27日開講
木曜クラス:7月2日開講

受講申込締切:2020年6月22日(月)

ご興味のある方は、お問合せフォームからご連絡ください。会場、日程、費用、カリキュラムの詳細をお知らせします。

ご予約・お問合せ

初級講座で取得できる資格

薬膳アドバイザー


6月~2月までの薬膳初級講座を最後まで履修し日本中医食養学会に申請すると資格認定証書が発行されます(申請料あり) 

中医薬膳指導員


薬膳初級講座を最後まで履修
→ 3月開催の受験対策セミナー2日間(10H)を受講
→ 3月開催の認定試験に合格すると資格認定証書が発行されます 

2020年3月22日(日)に中医薬膳指導員試験が開催されました。

国際中医薬膳師の道へ

国際中医薬膳師とは


国際中医薬膳師は中国政府が直轄する中国中医薬研究促進会が発行する薬膳の権威ある資格です。
中医薬膳指導員の方が国際中医薬膳師の受験資格を得るためには、国際中医薬膳師のための「基礎コース」と「上級コース」の両方を受講することが必要になります。
基礎コースは日本中医食養学会、上級コースは日本中医学院の先生方が受験対策の講義をするため、合格にむけてのバックアップ体制も充実しています。2020年は下記の日程で広島で受験対策を開催いたします。


2020年基礎コース・広島

主催:日本中医食養学会
国際中医薬膳師の基礎コース:10時~16時

日時 科目 講師
6月6日(土) 中医営養学 鳳 寛子
6月7日(日) 中医薬膳学 鳳 寛子
7月4日(土) 中薬学 桜林 玲子
7月5日(日) 方剤学 桜林 玲子
7月11日(土) 弁証施膳① 鳳 寛子
7月12日(日) 弁証施膳② 鳳 寛子

2020年上級コース・広島


主催:日本中医学院
国際中医薬膳師の上級コース10時~16時

日時 科目 講師
8月1日(土) 中医内科学① 韓 涛
8月2日(日) 中医内科学② 韓 涛
8月15日(土) 中医内科学③ 韓 涛
8月16日(日) 中医内科学④ 韓 涛
9月5日(土) 中医学理論の受験対策 李 宏
9月6日(日) 薬膳学・営養学・弁証施膳の受験対策 李 宏

2020年国際中医薬膳師試験


10月10日(土)11日(日)に開催します。

PAGE TOP